映像コラム

2017.08.17

8人乗りバケット車

高い位置から、工場の屋根の太陽光パネルを撮影するために、使用した8人乗りバケット車です。

ビデオとスチールの同時撮影だったために、乗り込むスタッフも多く

通常の電気工事で使う2人乗りだと事足りなかったためです。

上がっていく、あるいは下りていく動きの収録(いわゆるクレーンショット)が

なければ、クレーン車の必要はありません。(値段が高いので…)

8人乗り、と言ったのは実はいい加減な情報で、本当は重さ〇〇㎏まで、という制限。

例えば200㎏近くの大きな相撲力士を8人乗せることは不可能でしょう。

良かったのは、上に上がって止まってから、さらに微妙なポジション移動ができること、

「大は小を兼ねる」とはよく言ったものです。

 

Page top