サービス内容

映像制作

 

“創る喜び”を一緒に体験しましょう!

当社は主に企業・団体様向けの映像作品を製作しております。

企業はTVで流れているCM以外にも様々な映像をつくっており、

当社スタッフはその分野のエキスパートとして様々な作品づくりに携わってきました。

作品というと、ディレクターがお客様の意向から逸脱して

独りよがりになってしまうようなイメージはないでしょうか?

逆に制作側が何の意見も持たず、クライアントの言われるがまま…

というようなケースだと、プロに発注した意味がありませんね。

私たち映人は、まず、お客様が“誰に(視聴者)、何を(コンテンツ)伝え、

どういう気持ちになって欲しいか(目的)を明確にします。

そしてそのための表現方法を、私たちの経験やノウハウを活かしながらご提案してまいります。

勿論、予算や納期による制限もあるでしょう。ですから私たちは常にお客さまの意向を確認しながら、

その状況の中でのベストな表現方法を探って行きます。

時にはお客さまの真摯な想いにより、時には物理的な制約が、想いもしなかった表現を生み出すこともあります。

人と人がいい意味でぶつかり合うことで、生まれてくる何か…

私たちはそんな“何か”を大切にしながら、作品づくりにあたって行きます。

 

 

主なカテゴリー(作品の種類)

プロモーション


自社製品やサービスをアピールするための映像です。

展示会での上映、DVD等のパッケージの他、Webやタブレット、スマートフォンでの視聴も一般的になってきました。

デジタルサイネージによるプロモーションも今後、増えてくることが予想されます。

製品やサービスを訴求するための表現方法がポイントとなります。

 

会社案内


いわゆる会社案内パンフレットの映像版です。

お客さまが来社された時に視聴したり、DVD、CD等にして、配布します。

会社概要、沿革や製品・サービスのご案内、設備や拠点の紹介、社会貢献、

社長メッセージなどを含む統括的な構成が一般的です。

 

リクルート


就職説明会などの場で上映します。

就職希望者は、会社概要的な情報は既にWebやカタログで理解していますから、

映像では主に仕事の魅力を伝えていくことがメインコンセプトとなります。

先輩社員の仕事ぶりをドキュメントタッチで挿入すると、学生たちはヴィヴィッドに反応します。

コンテンツを分割してWeb動画として視聴できるようするのも効果的です。

 

社員教育


マナー、商品知識、業務手順、営業ノウハウなど、

社員が身につけるべき知識・技能を習得させるための映像です。

内容的にも、俳優を使ったドラマ・スキット形式が多くなります。

教育研修のプログラムの中で使用されたり、eラーニングに組み込まれたりします。

 

モチベーションアップ


社員が仕事に対して意欲や誇りを持つように促す映像です。

創業当時の物語や会社の理念の共有、自分たちの仕事が世の中で必要とされていること、

お客さまに喜ばれていることなど、切り口は様々です。

NHKの「プロジェクトⅩ」の大ヒット以来、インタビューと再現ドラマによる構成も多用されています。

 

イベント映像


社内の表彰イベント等で流すための映像で、オープニングCGや、表彰される事業所や人物の仕事の内容を紹介するVTR、来場出来ない方のビデオメッセージなどが活用されます。

上記のモチベーションアップ映像を、イベント用として制作することも多々あります。

 

 

その他のサービス

 

    ⇒撮影(イベント・講演)

  ⇒編集

  ⇒ファイル変換(コンバート

 

 

映像制作の流れ

 

お問い合わせ  

まずは電話・メールでお気軽にお問い合わせください。制作の目的や撮影対象など概略をお伺いします。


  

ヒアリング     

実際にお伺いし、さらに詳しい内容や、制作のご意向…予算重視なのか、クオリティを求めるのか等をお聞きします。その上で作品のスタイル(ナレーションベース、キャスター、ドラマ形式等の選択)や撮影日数を想定して行きます。(首都圏近郊は訪問無料)


  

見積もり提出

ヒアリングの内容を基に、見積もりを提出いたします。ご要望によりAパターンとBパターンというように、複数種類の見積もりを提出することもできます。(無料)


  

事業決定

見積もりをご検討の上、事業決定して頂きます。その時点で正式に受発注が成立したことになります。


  

構成案確定

オープニングをどうするか、それぞれの映像ユニットをどういう流れで見せていくかなど、全体の構成を確定して行きます。これがシナリオのベースになります。


  

シナリオ作成

構成案を基にシナリオを作成して行きます。第1稿をベースに校正を重ねていき、通常、第3稿から第4稿で決定稿となります。


  

撮 影

用途に合わせスタッフ2、3名のENG(取材)スタイルの撮影から、演者(俳優)を入れたドラマ撮影まで、幅広く対応します。(HD、HDV、AVCHD、DVCAM等幅広いフォーマットに対応)


  

編 集

収録した映像素材をシナリオ、コンテに沿って並べていき、カットとカットのつなぎ目に効果をかけて行きます。作品や納期によっては、編集に先んじてナレーションをオンリー録り(声だけを収録)し、それに合わせて編集を進めて行くいく方法もあります。


  

M・A

編集でつないだ映像にナレーションやBGM、SE(効果音)などをつけて行き、作品を完成させます。 ナレーションは録音スタジオでの収録になります。この工程で最終試写・完成となることもあります。


  

試 写

一旦M・Aまでの工程が完了した時点で、お客様の立会試写を当社で行い、修正箇所があれば、その場で 確認しながら修正を行います。お客様がご多忙の場合はWeb上での試写も可能です。


  

オーサリング

ブルーレイやDVDでで、メニュー画面が必要な場合は、オーサリングを行います。


  

複 製

ブルーレイやDVDの必要枚数を複製します。小ロット(500枚以下)の場合はデュプリケート(コピー)、それ以上はプレス(海外は1,000枚から)の方がお得です。ブルーレイやDVDのジャケットが必要な場合は、先行して制作します。


  

納 品

ブルーレイやDVDビデオ、Web用のWMVやFLVデータなど、ご希望のメディアで納品致します。

 

  ⇒よくある質問(FQA)へ

Page top