What's new

2017.09.26

キセキの葉書

昨日ちらっと記事に上げた映画の話。

マドリード国際映画祭 外国映画

最優秀監督賞、最優秀主演女優賞に選ばれた

鈴木紗理奈さん主演映画「キセキの葉書」という作品でした。

 

脳性麻痺の娘を抱え、次第に追い詰められていった鈴木紗理奈演じる美幸は

長年会っていなかった母に支援を頼むも、母からの言葉は残酷だった。

美幸本人も見えないストレスで“仮面うつ”を患い、

母も認知症とうつ病を併発させてしまう。

母として、娘として…

「このままでいいんや、このまま幸せになるんや」

度重なる試練を乗り越え、勇敢に生き抜く主人公の実話に基づく感動の物語。

 

鈴木紗理奈さんは本作が映画初主演みたいですね。

9月24日(日)に都内で行われた完成披露上映会の舞台挨拶では

涙を浮かべ、撮影を支えてくれたお母様に感謝していたそうです。

映画のあらすじや舞台挨拶での鈴木さんの言葉を見ると

やはり母という存在は偉大だなぁと感じますね。

 

イオンシネマ「シアタス調布」では11月4日(土)~11月17日(金)まで上映予定です。

この機会にぜひ、映画のまち調布に遊びに来てはいかがでしょうか。

ちなみにこちらの映画に参加している、我々もお世話になっている照明部の方は

撮影していたのが夏だったため、とても暑かったと話していたことを思い出します(笑)

 

詳しい情報はオフィシャルサイトをご確認ください。↓

http://museplanning.co/movie-kisekinohagaki.html

Page top